アメリカ出身。外野手。昭和51年(1976)年にヤクルトに入団。78年の初優勝時に本塁打39本打点103打点で大きく貢献したが、「打つだけの選手」と広岡監督に嫌われ、近鉄にトレードされたが、そこでも近鉄リーグ初優勝、連覇に大貢献した。引退後はアメリカでコーチを歴任し、2005年フィリーズの監督になり、ワールドシリーズ優勝に導く名将になった。通称赤鬼。史上最高の助っ人外人選手とも言われている。