兵庫県出身。外野手、旧制中学時代の甲子園大会の常連でその後慶応大学に入り、野球のエリートとして戦後まで活躍、社会人野球を経てから昭和22年(1947)に阪神に入団。当時の阪神主砲の藤村富美男との三,四番はダイナマイト打線の中核として君臨した。50年セパ分立の際毎日オリオンズに入団。毎日でも四番打者と活躍し本塁打王、打点王を獲得しパリーグ優勝、日本一に貢献しMVPに輝いた。その後54年から兼任監督、五七年に現役を退き59年までオリオンズに在籍、62年から64年まで近鉄の監督に就任その後、広島、大洋の監督を歴任土井正博の他榎本喜八、山内和弘、田代富雄等大打者を育てた。野球殿堂入り。