愛媛県松山商業高校卒業後,昭和13年(1938)に巨人に入団、同期に川上、吉原がいる。戦前から二塁手として頭角を現し、華麗な守備で魅了した。戦後も第2期黄金時代でも2番打者としてチームの要として活躍し、打撃はシュアな流し打ちと選球眼の良さで貢献した。引退後近鉄の監督に昭和34年(1959)から3年間なったが、年間最多敗戦を記録したりと、現役時代の華やかさにはほど遠い結果になり、その後指導者としての千葉を見ることが出来なかった。その後辛口の野球評論家として活動した。野球殿堂入り。