昭和30年(1955)、軟式野球からプロ野球界東映フライヤーズに入団、七年連続二桁勝利をあげエースとして君臨、昭和36年(1961)には30勝をあげたが42勝の稲尾によってタイトルは取れなかった。彼も稲尾台風の影響を受けた投手の一人。昭和37年(1962)の日本シリーズではMVPを獲得。