香川県出身。外野手、昭和25年(1950)広島に入団、翌年巨人に入団。その昭和31年(1958)に球史に残る一振りをみせた。三月二五日後楽園球場中日戦、9回裏1死満塁から杉下投手から代打逆転サヨナラ満塁本塁打(スコアが0対3のためつり銭なし)を放つ。