1901年生まれ、広島出身。中東野球の頃から名投手として活躍し、慶応大学、社会人野球でも活躍,戦中は満州に渡り満映でも名をはせ、戦後45才で選手兼任監督としてプロ野球界に入り、亡くなるまで球界ご意見番として野球評論家としても活躍した。野球殿堂入り。