早稲田大学野球部主将務め、戦前「最後の早慶戦」として有名な壮行試合に出場。終戦後社会人野球を得て、昭和23年(1948)に南海に入団、3番打者として活躍後、34歳でユニオンズ入団、打撃十傑に入り面目を保ち、ユニオンズ最後の監督になった。