土橋正幸(どばしまさゆき)

昭和30年(1955)、軟式野球からプロ野球界東映フライヤーズに入団、七年連続二桁勝利をあげエースとして君臨、昭和36年(1961)には30勝をあげたが42勝の稲尾によってタイトルは取れなかった。彼も...

豊田泰光(とよだやすみつ)

茨城県出身。遊撃手、昭和28年(1953)西鉄ライオンズに入団。1年目からレギュラーになり、強気の性格で本塁打27本の新人記録を作り新人王に輝く。西鉄では強打の二番打者としてチームを引っ張り、西鉄黄金...

永田雅一(ながたまさいち)

日本映画界の父といわれた大映の社長。戦後プロ野球界にも新進出し、パリーグの会長にまで上り詰め、ユニオンズ結成のキーパーソンともなる。「永田ラッパ」とも言われた大言壮語の語り口で知られ、強烈な個性で映画...

野村武史(のむらたけし)

明治大学を経て社会人野球で大活躍のあと、昭和25年(1950)毎日オリオンズに入団、先発ローテーション投手として優勝に貢献。打たせてとるタイプで被安打が多い割りに勝率が良いのは併殺打を打たせるのが多い...

長谷川良平(はせがわりょうへい)

愛知県出身。投手、昭和25年(1950)広島カープ創設時、テスト入団した「小さな大投手」身長167センチながら弱い広島のエースとして君臨、通算197勝を記録した。55年に30勝をあげ最多勝。野球殿堂入...

浜崎真二(はまさきしんじ)

1901年生まれ、広島出身。中東野球の頃から名投手として活躍し、慶応大学、社会人野球でも活躍,戦中は満州に渡り満映でも名をはせ、戦後45才で選手兼任監督としてプロ野球界に入り、亡くなるまで球界ご意見番...

樋笠一夫(ひがさかずお)

香川県出身。外野手、昭和25年(1950)広島に入団、翌年巨人に入団。その昭和31年(1958)に球史に残る一振りをみせた。三月二五日後楽園球場中日戦、9回裏1死満塁から杉下投手から代打逆転サヨナラ満...

藤井勇 (ふじいいさむ)

鳥取県出身。外野手、阪神と大洋の創設メンバーの一人。シュアなバッティングで息の長い選手として17年間選手として活躍したが、戦争で招集されなければ23年間となる。プロ野球史上初の本塁打を打った選手として...

ブルーム

アメリカテキサス州出身。内野手、昭和35年(1960)近鉄入団。外角打ちの上手い打者で62年に打率3割7分4厘、63年に3割3分5厘で連続首位打者になり、当時のパ・リーグの強打者たちもバッティング技術...

別所毅彦(べっしょたけひこ)

兵庫県出身。投手、昭和16年(1941)の選抜中等野球大会で試合中左腕を骨折しながらも投げ続け、敗戦。「泣くな別所、センバツの花だ」と賛辞を贈られた。その後、南海に入団、野球史に必ずでる「引き抜き事件...