杉浦忠(すぎうらただし)

長嶋茂雄の立教大学時代同期。昭和33年(1958)南海に入団、翌年38勝4敗という驚異的な記録でエースとして大活躍、パリーグ優勝。日本シリーズでも4勝0敗で日本一に貢献。サブマリンの美しいフォームが特...

ヴィクトリ・スタルヒン

ロシアから日本(北海道)に亡命してきたプロ野球草創期の名投手。旧制中学三年の時、日米野球のための選抜チームの投手として半ば強引に参加させられる。巨人に入団後澤村栄治投手が兵役でいない後実質エースとして...

高橋龍太郎(たかはしりゅうたろう)

大日本麦酒(現アサヒビール、サッポロホールディングス)の元社長、政治家でもあり実業家でもあった。一九五一年に通産大臣、第三代日本サッカー協会会長を歴任。戦前はイーグルス球団のオーナーでも会った ...

千葉茂(ちばしげる)

愛媛県松山商業高校卒業後,昭和13年(1938)に巨人に入団、同期に川上、吉原がいる。戦前から二塁手として頭角を現し、華麗な守備で魅了した。戦後も第2期黄金時代でも2番打者としてチームの要として活躍し...

土井淳(どいじゅん)

岡山県出身。捕手、明治大学から秋山投手と一緒に大洋に入団。まさしく恋女房で大学時代からずっと秋山と一緒だった。打てる捕手ではなかったが、それ以上に捕手としての力のあった選手で、その後大洋の監督にも就任...

土井正三(どいしょうぞう)

兵庫県出身。二塁手、いわずと知れた巨人V9時代の二塁手。派手さは無いが堅実な打撃と走塁、そして守備と彼無しで常勝巨人は無かったかもしれないが、そのイメージが後の監督時代に暗い影を落とした。しかし、コー...

土井正博(どいまさひろ)

大阪府出身。外野手、高校二年で中退し昭和26年(1961)近鉄に入団。18歳で四番をまかされ、当初苦しんだが3年目から才能が開花し、6年連続20本塁打以上を記録。75年にライオンズに移籍後もコンスタン...

徳久利明(とくひさとしあき)

高知県出身。投手。昭和36年(1961)近鉄に入団、千葉茂監督に積極的に起用され、15勝24敗で球団初の新人王を獲得。チーム勝ち星の4割強を稼ぐ。63年には20勝投手になる。弱いチームを支えた選手。 ...

土橋正幸(どばしまさゆき)

昭和30年(1955)、軟式野球からプロ野球界東映フライヤーズに入団、七年連続二桁勝利をあげエースとして君臨、昭和36年(1961)には30勝をあげたが42勝の稲尾によってタイトルは取れなかった。彼も...